Christophe Kouritafrench siteenglish site
Remi
パリ

屋根から屋根へ飛び移る一人の男の影。
レミーだ。

人々は彼の事を「不良者」と呼ぶ。
しかしパリジェンヌや子供達は彼を英雄のように讃える。
遠い昔に大人が失ったものを持っているから、 彼が「子供の心を持った大人」だからだ。

オラァ放浪者、 ボヘミアンのレミー・ラ・ボエーム。常識なんてクソッくらえ!
ありきたりってェのがイッチバンきれェなんだ。オレはオレの生き方を貫く。

レミー流の生き方をな!



 

NEW!   レミー・ラーボエームが漫画でも読める!

「ほぼ月刊クリタ」 第一話:巴里のガキ大将




レミー、20歳。

パリのモンマルトルで生まれ育ったモンマルトルっ子。
幼少時に一家は離散。少年時代は仲間を引き連れて いたずら三昧の毎日。
「末は大物ペテン師」と将来を嘱望(?)されたガキ大将だった。
が、大人になるにつれ、仲間は一人ずつ去っていった。職につき、結婚し、子供の世話に追われ…。レミーはそんな社会の既成枠にだけは収まりたくない。さりとて「ペテン師」なんかにもなりたくない。
ガキ大将だったころの自由気ままな人生、 そして、夢を追い続ける事こそがレミーの生き甲斐。
彼は、モンマルトルの安ホテル「シェ・トントン」の裏庭に こしらえたお手製マイホーム、通称「ル・ゼップレン」に 暮らしている。
同居人は壁に張られた1枚の父の写真だ。
この写真、事あるごとにレミーに説教したり訓示をたれたり、 やたら口うるさい。
どこまでも自分流を貫くレミーに、父の写真は忠告する「レミー、女だけには気をつけろよ!」





「ボヘミアン」達の街、パリ。

花の都パリは、さまざまな人種が集まる街。
その日暮らしの大道芸人、人生の切なさを歌う詩人、 叶わぬ恋を奏でるミュージシャン、 彼らのように何物にも囚われないで放浪する者、すなわちボヘミアンの街でもある。
メニルモンタン地区のいかさまトーマ、 ペール・ラシェーズ地区の墓場のギー、 カルチエ・ラタン地区の生き字引のローラン、グルネル地区の海賊ミッシェル…。

レミーは、かつては「稲妻レミー」レミー・レクレールと呼ばれ恐れられた不良で、 将来は性悪の「大物ペテン師」になるものと、誰もが思っていた。

しかし、ガキ大将から不良へ、挙句は「ペテン師」という人生の転落ルートを、彼は拒否した。「善良な市民」になるのは退屈だが、彼らを食い物にする「ペテン師」も好きじゃない。
「善良な市民」でも「ペテン師」でもない、レミーは自由な放浪者、レミー・ラ・ボエームとして生まれ変わったのだ!


いたずらは達人級!

オレはガキのころからいたずらの天才と呼ばれたもんだ。
ケーキ屋をだましてケーキバイキングをやったり、パリコレと称して女の子を薄着にさせたり、いろいろやったぜ。

大人になった今でも意気込みは同じ。だが、スケールは違う。
イヤミな先公のカバンにゴキブリ入れるのはもう卒業だ。木箱に入ってすべり下りた階段を、今じゃ車で駆け下りる。子供の遊び心と大人のスケールがエネルギー源なのさ!


口説きとは美学である!

レミーにとって女性は芸術、口説きは美学である。
ブロンド、茶髪、赤毛、青い目の女、ぽっちゃりした女、 気の強い女、内気な女…。
すべての女性は魅力的で、 すべての女性はレミーが挑戦し克服すべきターゲット。

耳をくすぐる甘いセリフ、胸ときめくシチュエーション、 そして心にくい気配りがあれば、乙女心はイチコロさ。

まァ、ずるいテクニックを使った事もあったかな…!



フリーターの道は険しい!

レミーは窮屈な社会の枠にだけは嵌まりたくない青年だ。
普通の恋、普通の仕事、普通の人生になんてさっぱり興味がない。
自分の好きな時に好きな事をする、それがレミーの流儀だ。

しかし世間の風は向かい風、お金だけはいかんともしがたい。
レミーのフリーター生活はかくして始まる。
とはいえ彼の事、どうせやるなら今までにない事をやってやれ。
貴族のペットの結婚相手を探したり、1日だけ社長代理を務めたり、 ユーモアとエスプリにみちたレミーの大胆な発想は尽きる事がない。



夢は大きく持て!

子供の想像力は無限である。
しかし大人になるにつれて、誰もが大人社会の押しつける壁と、 自分自身で造った囲いの中に閉じこめられてしまう。

レミーはそんな壁や囲いを素通りして大人になっていきたい。 いわば「子供の法則」を「大人の世界」に持ち込んで生きている。 それが幸せであるための最良の方法だと信じているのだ。
そして――そんな「ボエーム=放浪者=」の生き様に、 「かつて子供だったすべての大人達」も喝采を送る日がくるだろう。



ストーリー例 :

あなぐらのネズミ VS 丘のネズミ

相棒ガストンの愛車メッサーシュミットKR200でドライブしていたレミーは、いいとこ 育ちのボンボン息子達と出くわす。彼らは、近ごろ流行の実存主義を意味もよくわからず 讃えるようなサン・ジェルマンの学生達だ。
そんな連中の中で一人だけ光り輝く存在に、レミーは注目する。
彼女の名はマティルド。 「見ろ、あの気品! モンマルトルの女たァ大違いだぜ!」 レミーは、彼らの本拠地サン・ジェルマンの地下の酒場へ行く事にした。
そこで学生達はレミーに賭けを提案する。レミーが負けたら、今まで彼らが溜めた交通違反の 罰金を払ってもらう。
しかしレミーが勝てば、一晩だけマティルドと共に過ごせる。 その賭けとは――大学からミイラを盗みだして、着飾らせた上で「パリの夜の王様」の儀式を行ない、 パリで最も高い所、つまりエッフェル塔の頂上に置いてこれるかどうか、だ。
「おもしれェ…やってやろうじゃねェか!」。


裏切り者は消せ!

フリーターのレミーは、めずらしく新たな仕事に精を出している。
それもそのはず、ランジェリーの訪問販売を始めたのだから。
だがそのころ、近所では女性の下着の盗難事件が相次いでいた。
真っ先に疑われたのは言うまでもなくレミー。 ほとぼりが冷めるまで、レミーはガキ大将時代の「秘密基地」に身を潜める。
ところが、すぐにその隠れ場所も警官達に見つけられてしまう。
「なぜここが分かったんだ? さては、誰かチクりやがったな!」 推理は大当たり。
かつてレミーに痛い目に合わされた過去を持つ、 「ペテン師」の「カマキリ」が町に帰ってきたのだ。
「てめェ、よくも…何ならパリの裏通りの大掃除をしてやってもいいんだぜ!」。


ガキ大将首脳会談

それは7月14日、パリ祭の日の恒例行事。
毎年この日になると、パリ市内のあちこちからぞくぞくと、各地区の「ガキ大将」達が とある建物の屋根に集まる。
その年の「ガキ大将チャンピオン」を選ぶためだ。
メニルモンタンのいかさまトーマ、モンパルナスの八百長アラン、 グルネルの海賊ミッシェル、パッシーのオレンジ・ジジー…。
他にも得体の知れない連中がぞろぞろやってくる。
もちろん忘れちゃならないのが、毎年優勝の座を独占してきている 我らがモンマルトルの大将、レミーだ。
しかし、今年はみんなの目の色が違う。やっこさん達、本気みたい…。



パリは全世界の人々を魅了する憧れの街。

木の葉散るマロニエの下で寄りそう恋人達、
そよ風に長い髪をなびかせ歩くパリジェンヌ達、
着飾った晩餐の貴婦人の如くそびえる夜のエッフェル塔 、
街中を漂う甘い空気に酔いしれるロマンティスト 達 。

そんな街を自由気ままに生きる大きなガキ大将、
それがレミーだ。




Check

Copyright