Check
     
スペック
   
全長:   ~180センチメートル
性格:   人間が大好きな側面と大嫌いな側面と両方兼ね備えている。
出没地:   お金の動きが多い、カジノ、競馬場、証券取引所などに出没。
特徴:   風車を持っていたらそいつは「善」の顔を持った「運気吹き」。
人間が好きな割には人前にはあまり現れない。出会ったらあなたは超ラッキーだ。「悪」の顔は人を避け、めったに目にすることはない。
     

運気吹き 」は世界中のお金持ちが集まる国、モナコに出没する。
この国に住む人はお金がたくさんあるのだからさぞかしみんな幸せなのだろう、と思いきや、カジノで破産してしまった者もいれば、モナコ王妃だった大女優グレース・ケリーが事故でなくなったように、彼らにも不運は起きるのだ。
人生にはそんな運気を見極め、うまくそのチャンスを掴める人とそうでない人、また悪い運気を感じて、避けられる人とそれがみえない人と様々だ。
この「 運気吹き 」はその両方の「風」を吹く二重人格を持った妖怪だ。
優しい性格のほうは人間にチャンスを逃さないように風車を配ってくれるが、悪いほうの顔はそんな優しいことはもちろんしない。
カジノで遊んでる人たちは波乱万丈な人生を送っている者が多いのはこの
妖怪のせいかもしれない。



世界の縁起物の数々

昔から人間は縁起物を身に着け、勇気づけられていたのだろう。 例えばこのお話に出てきた四つ葉のクローバー。
世界にはまだまだ色々なお守りがある。

 
テントウムシ

西洋ではテントウムシが体にとまるといいことがおこると昔から
信じられていた。
 
 ハムサ

イスラム社会ではファーティマの手あるいはファーティマの目としても知られ、 中東のユダヤ教徒社会ではミリアムの手として知られる手の形をしたデザイン・シンボルのこと。
     
 
蹄鉄(ていてつ)

火と鉄を扱う鍛冶屋は魔術師のようにどこか神秘的なところが
あったようで、蹄鉄は家を守ると信じられ、壁や家の門に掛けられていた。
 
   
インダーロ

スペイン・アンダルシアのシンボル。
両手を広げた人の上に虹がかかってるのを表している。
     

 ウサギの足

繁殖力が高いウサギは生命力の
シンボルとして、アメリカや
イギリスでお守りにされている。
   


 ウィッシュボーン

鶏肉の食事から鎖骨を取り除き、二人で願い事をしながら引っぱってパキッ! 大きな骨を手に入れた人の願いが叶うという 。

     
 
バルセロスの雄鶏

伝説から由来するポルトガルの
お守り。ガロと呼ばれている。
   
コルナ

人差し指と小指を立てるジェスチャーだ。イタリアでは悪運や
邪視をはらうとされている 。






舞台: モナコ - Monaco

モナコは地中海に面した、ヴァチカンの次に、世界で2番目に小さい国だ。
1191年、神聖ローマ皇帝からこの土地を与えられたジェノヴァ共和国は、海に突き出した崖の岩山に要塞を建設した。
しかし1270年に内戦がおこり、皇帝派が要塞を占領した。
1297年、修道士に変装して要塞に侵入し、みごと城を取り戻した男がいた。
その勇敢な男こそが、現在のモナコ公家であるグリマルディ家の始祖、
フランソワ・グリマルディだ。



大公宮殿の前にある修道士に扮した
フランソワ・グリマルディの像


フランス革命のさなか公国はフランスに編入されるが、1861年に主権を回復した。
そして1918年、フランス・モナコ保護友好条約を結び、フランスの保護下に入り保護国となった。


1874年のモナコ


カジノのルーレットの間(1900年ごろ)


モナコ グランプリ

インディ500、ル・マン24時間レースと並んで世界3大レースの1つに数えられる由緒あるイベントだ。
第1回大会は1929年に始まったが、当時からコースは町中を走行する難しいレースとされているのだ。
ここでグランプリに出場した珍車、名車たちを紹介しよう。

最初の頃のデザインはまだ乗用車を小さくしたような感じだった・・・


  ブガッティ・タイプ35
モナコグランプリでは1929年
第1回と1930年第2回の連続優勝
 

アウトウニオン P
ワーゲン

今日のアウディの前身
1933-39 当時300キロ以上
だしたというから驚き!
 

しかし徐々に葉巻型が主流になってくる。少し子供のおもちゃっぽくて
かわいい。

  ランチア D50
1954-55 両サイドに燃料タンクがある

ホンダ・RA271
1964 ホンダがF1世界選手権に参戦するために開発した
日本初のフォーミュラ1カー
 

  ロータス 49B
1968-1969  この車は飛ぼうとしているのか・・・

70年代に入ると段々形が平たくなっていく・・

ブラバム・BT34
1971-72 「ロブスターの爪」と呼ばれたフロントノーズが
特徴
 

  リジェ JS5
1976 運転席の後の鼻がでかいですねー
タイレルP34
1976-77
F1史上初の6輪車
 

  ウィリアムズ
FW08B

1982-83 後にタイヤが左右2つのタイプ 

そして未来のF1マシーンはこれだ!

 





TOP

妖怪図鑑ホームに戻る

クリストフ・クリタ ホームを開く